最新情報

2016年6月15日
Uncategorized
カミソリと毛抜きでの処理
ずっと毛抜きやカミソリで自己処理してきましたが、キレイになるどころか毛穴付近が炎症を起こしたり、肌が異常に乾燥・・・
2016年6月14日
Uncategorized
自宅用のフラッシュ脱毛機も買いました
とにかく脱毛は早く取り組んだ方がよいですし、きちんと定期的に通えば効果もしっかりでます。 もっと早く脱毛してい・・・
2016年6月13日
Uncategorized
脱毛に通うしかないと思ったのは・・・
脱毛することで自分が理想とするキレイに一歩近づいた気持ちになり、もっと自分磨きを頑張ろうと思えるきっかけとなり・・・
2016年6月12日
Uncategorized
脇は抜いていて、髭はカットしていました。
自己処理をせずに脱毛サロンに通った方がいいと思います。自己処理で脇の毛をピンセットで抜いていたために、ところど・・・
2016年6月11日
Uncategorized
自己処理でカミソリを使用したり、毛抜きで抜いたりしていました。
サロンでの脱毛は早いうちにしておくことをおすすめします。理由は、自己処理が長く続くとお肌に大きなダメージを与え・・・

カミソリと毛抜きでの処理

ずっと毛抜きやカミソリで自己処理してきましたが、キレイになるどころか毛穴付近が炎症を起こしたり、肌が異常に乾燥したりしてしまったのでサロンでの脱毛を決意しました。
サロンを決めるまでにたくさんのサロンでカウンセリングを受けましたが、どこのサロンも特に大きな違いを感じなかったので、通いやすいところを選ぶことにしました。脱毛は一回で終わるものではないので、家から近く仕事帰りでも通えそうなミュゼプラチナムを選びました。
実際、ミュゼは色々なところに店舗があるので家から近いところはもちろん、職場の近くにもあるので仕事の帰りなどにも予約できたりと、自分のライフスタイルに合わすことが出来たので通いやすかったです。
ミュゼは予約が取りにくいとよく言われていますが、全国どこの店舗でも予約出来るので、その利点を使えば比較的予約しやすいと思います。ネットから空き状況が分かりますし、ちょこちょこキャンセルも出るので私は以外と希望日に施術してもらうことが出来ました。脱毛箇所が多くなかったのも予約の取りやすかった要因の一つだと思いますが。
脱毛の効果は3回目以降に感じ始めました。生えてくる毛が薄くなったり、生えてくる量も少なくなってきました。私は全部で10回ほど施術を受けましたが、脱毛前より半分くらいの毛量になりました。
脱毛中は日焼けに注意です。光脱毛は黒に反応するので、日焼けした肌で脱毛すると肌を痛めてしまいます。私は一度だけ油断して日焼けしたまま脱毛してしまいました。施術後何日か経って肌が痒くなり、赤くなってしまいました。皮膚科で塗り薬をもらい何とかなりましたが、あのまま放っておけば色素沈着を起こしてしまうところでした。
現在は妊娠中のため脱毛は一旦お休みです。ミュゼなら解約することなく脱毛をお休みすることが出来るのも利点だと思います。出産し生理が始まったらまた脱毛を再開出来るみたいです。キレイな肌を目指して、これからも頑張ります。

自宅用のフラッシュ脱毛機も買いました

とにかく脱毛は早く取り組んだ方がよいですし、きちんと定期的に通えば効果もしっかりでます。
もっと早く脱毛していたらむだ毛のお手入れが楽だったのにといつも思っています。

通う頻度は3ヶ月に1回なので忘れずに予約をし、ミュゼに関しては予約が取りにくいので
キャンセルしなくていいように、予約をしたらその日は他の予定を入れないように気をつけています。

特に毛が太い箇所は剃っても黒い点々に見えてしまったり、朝剃っても夜にはジョリジョリとした状態になっていたり…
脱毛の施術回数を重ねて毛が薄くなってくると、その悩みも次第になくなってきました。
完全なツルツルの肌が難しかったとしても、この悩みから解放されたことが収穫です。

Vラインやワキは毛が太めなので最初は痛みがありました。
よく言われる「わごむでパチンと弾かれる感覚」です。
でも我慢できないほどではありませんでした。
痛みも施術の回数を重ねるごとに、ほとんど感じられないぐらいに軽減されていきます。
痛みが軽くなってきている頃には毛が生えにくく、毛も細くなってきています。

また、毛が太い箇所は最初の方の施術の度に毛がぽろぽろと抜けるので少し楽しく、効果も感じました。
ただし毛がぽろぽろ抜ける感覚は最初の数回だけでした。
もしかしたら毛が太い段階でしかこのような状態にはならないのかもしれません。
ぽろぽろと毛が抜けると1ヶ月近くはキレイな状態が続きますが、次に施術を受ける3ヶ月後には元の毛の状態になります。
それを繰り返していくと毛が徐々に薄くなってくるので、とにかく続ける事が大事だと実感しています。

私個人の経験から、毛が薄い箇所よりも毛が濃い箇所を優先して選択した方が効果を感じやすいですし
なによりも剃っても気になっていたムダ毛から解放された喜びがありました。
なのでワキ+Vラインという組み合わせはオススメです。

ミュゼは新規で契約する際のコースがとても安いので心配になりますが、接客や施術、設備も特に問題ないと思っています。
ただ予約が取りにくいので、予約を取りやすいサロンを選んでいたら他の予定も組みやすかったのかなと感じています。

脱毛に通うしかないと思ったのは・・・

脱毛することで自分が理想とするキレイに一歩近づいた気持ちになり、もっと自分磨きを頑張ろうと思えるきっかけとなりました。
私は高校生の頃から剛毛に悩んでおり、どうしても脱毛をしたいと長年悩んでいましたが、金銭的に余裕もなくためらっていました。しかし、友人からの紹介もあり両ワキの脱毛をすることになりました。それは、その友人も同じような悩みを抱えていたのに、脱毛サロンに通ってからは、どんどんキレイになっていくような気がしたからです。
金銭的な問題を考えると、やはり踏み切るには少しの勇気が必要でしたが、女の子に生まれたからにはキレイでいるべきだと思ったので、その投資は間違ってなかったと後で思えます。というのも、友人からのアドバイスで、女の子に生まれたからにはキレイでいなきゃ人生損すると言われたからです。
脱毛の予約日については、体調によって(月経時期)脱毛がとても痛く感じることがあったので、日付はよく考えて予約する必要がありました。全期間のうち2回程どうしても月経時期に予約しなくてはならないことがあり、その時は結局痛みに耐えきれず途中で終了して帰宅しました。
あとは、サロンでは勧誘(美容ドリンクや化粧品類など)もあり、私は断り切れずに購入しましたが、自分に合うかどうかも分からないのに購入するのはよくなかったと反省しています。なので、勧誘をお断りする勇気も必要でした。料金的には勧誘された商品の購入がなければもう少し金額を抑えることが出来たのではないかと反省しています。特に美容ドリンクなどの食品は消費期限が短く、摂取するのに苦労しました。また、一度勧誘された商品を購入すると、次回からは断りにくく無理に勧められると断ることが出来なかったこともありました。
私は今回両ワキのみで尚且つ友人が紹介してくれたサロンで脱毛しましたが、組み合わせによってはお得なプランやサービスがあるサロンもあるので、事前の下調べはもう少しするべきだったと反省しています。

脇は抜いていて、髭はカットしていました。

自己処理をせずに脱毛サロンに通った方がいいと思います。自己処理で脇の毛をピンセットで抜いていたために、ところどころ皮膚が陥没したり黒ずみなのか、ほくろなのかができてしまっています。
ミュゼは勧誘はされないのですが、結局は全身脱毛が一番良いと思います。毛周期の関係で3ヶ月おきしか行けないので、行けるときにより多くの箇所を脱毛してもらっていた方が楽で肌もキレイになると思います。夏になれば、露出も増えますし、結局は自己処理で手入れをしなければいけなくなります。そうすると、肌の乾燥がすすんだり、皮膚が痛め付けられていると思います。人から見えて自分も気になるところは脱毛しておいた方がいいと思います。女性は、子どもを生んだりするとなかなか自分のことにかまえなくなってしまうので、早めに身体をきれいに整えておけば、何があっても気にならないと思います。
また、脱毛サロンだけに頼るのではなくて、通っていないときでも脱毛箇所に保湿のローションやクリームを塗っておくと、脱毛の効果が早くなるような気がします。できれば、そのサロンで勧められる商品を使用した方がいいと思います。手持ちのもので代用するよりは、専用の方が効果が高かった気がします。それと、気になっても自己処理をするのを我慢した方がいいとサロンで言われました。気になる、剃るを繰り返しているとなかなか効果が現れないそうです。特に産毛のような薄い柔らかい毛の場合はそうだと言われました。
通い始めたら、早めに予約を入れるようにしたら良いと思います。VIOなどは別ですが、きちんと予約を入れて通わないと毛周期で生えてくる毛が変わるので、効果が期待できなくなります。3か月ごというのを守った方がいいと思います。施術をしてもらったその日に次回の予約を入れるようにしておけば、人気サロンでも予約が取りやすいと思います。期間をあけすぎても効果がないので、脱毛優先で通ったらいいと思います。

自己処理でカミソリを使用したり、毛抜きで抜いたりしていました。

サロンでの脱毛は早いうちにしておくことをおすすめします。理由は、自己処理が長く続くとお肌に大きなダメージを与えるからです。
私はとても毛が濃くて、中学生から毎日自己処理をしていました。最初は産毛のようにフワフワな毛も、処理を続けて行くうちに、濃く、太い毛に変化していきました。
時には剃刀負けでお肌を傷つけることもありました。サロン脱毛する前は、もともとの毛が濃い場合は、そこまで綺麗になると思っていませんでした。お金もかかることなので興味はありましたが実際に体験に行くことはありませんでした。
彼に言われた「チクチクしてる」という一言で、少しでも綺麗になるならと脱毛を決意しました。
結果的に2年施術を行ったことで、もともと毛が薄いかのように、全くムダ毛が気にならなくなりました。また、お肌にも気を遣うようになり、脱毛前よりも美肌を手に入れることができました。
長年抵抗があった、ノースリーブやショートパンツも今では気にすることなく、着られるようになったのがとても嬉しいです。
近年、多くの脱毛サロンができ、サロン選びはとても大変だと思います。以前は、低価格サロンはその不安感から敬遠される傾向にありましたが、今は低価格サロンでも満足の施術ができるようです。
多くのサロンでキャンペーンやお試しのサービスをしているので、実際に店舗に足を運んで経験したうえでサロンを選ぶことをおすすめします。
脱毛は1度行って終わりではなく、1部位で約2年間通うことになります。
その際にスタッフの勧誘が多かったり、雰囲気が合わなければ足が遠のいてしまいます。脱毛は大きな買い物です。サロンに行かなくなればサロン代が勿体無いです。
また、場所も重要です。約2ヶ月に一度のペースですが、慣れてくると通うのが少し手間に感じるようになります。そんな時に行きやすい場所であれば用事のついでに寄ることができるので立地も見ておく必要があります。
自宅、職場、学校のいずれかに近い場所にして、話しやすいスタッフかわいるかどうかみて良いサロンに出会って下さい。

ハイジニーナ脱毛 後悔しないために

ハイジニーナ脱毛のメリット、デメリットについて書いてきましたが、実際一般女性はどのように処理しているのでしょか?

500人の女性にアンケートを取ったところ、何もしていない自然な状態40%、脱毛か自己処理60%という結果になりました。

実際独身時代は毛が多すぎるのかな?っと不安になり自分で剃ったり抜いたりしていました。でも結婚して子供が生まれてからは伸ばし放題(笑)

でも実際自分で抜くっていっても結構痛いんですよね。

普段抜きなれていない毛はほんとに痛いもんです。

痛い理由として皮膚が非常に薄い、色素沈着を起こしている、他の部位に比べ毛が太いことがあげられます。光脱毛も医療用レーザー脱毛も仕組みは「メラニンに反応する光波長を照射し体毛を作り出す毛母細胞を熱処理をして壊す」というものです。メラニンが多く含む色素沈着した毛や太い毛にはよりダメージを与えられ痛みが増すというわけです。

医療機関で施術する場合は麻酔を行っているところもあるため、事前に確認しておくのがいいと思います。また脱毛を契約しましたでも痛くて行きたくないっていう状態にならないようにお試しや安いキャンペーンで試してみるのがいいと思います。

 

そして、脱毛を躊躇する人の中で一番多いのが恥ずかしいという理由ではないでしょうか?脱毛サロンのスタッフに見られるのが恥ずかしいって思っちゃいますよね。でもスタッフも一日に何人も施術しているのでそんな風には感じないものです。

それに紙製のTバックを履いて施術するので案外大丈夫なのかもしれません。そのTバックですら恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが・・・。

また施術する際、つるつるの無毛はちょっと恥ずかしいから少し残してほしいといった要望にも応えてくれますが、実際脱毛が終わったときにイメージと違う、こんなはずじゃなかったというトラブルもあるそうです。ちゃんと自分のイメージを伝え、あとあと後悔することのないようにしなければいけません。

脱毛が低価格になってきた今だからこそハイジニーナ脱毛をする人はますます増加していくのではないでしょうか?

事前にちゃんと調べて後悔のないようにしていきたいですね。

 

 

ハイジニーナ脱毛のデメリット

昨日のブログではハイジニーナ脱毛のメリットについて書きましたが、もちろん施術してもらうならデメリットも知っていないといけません。

永久脱毛してしまうと生えてくる心配をしなくてもよくなりますが、やはりやっぱりするんじゃなかったってことになっても毛ははえてきません。デメリットも良く学んで決断しなければいけませんね。

ハイジニーナ脱毛のデメリットとして一番にあげられるのが温泉や公衆浴場などではやはり好奇の目にさらされる可能性があります。日本は外国に比べ施術する人が少なくハイジニーナ脱毛に免疫がありません。

温泉などは小さい子供も多く入っているので、不思議そうに見られるかもしれませんね。まだ日本では施術する人が少ない分、生え放題の方が恥ずかしいという時代が来るまでタオルなどで隠すといった行動は必須だと思います。

それに男性ウケがどうなのか気になるところです。そんなところにお金使っちゃうのって思われたり、遊んでそうと思われたり、毛があるのが普通でしょって人もいるかと思います。独身の場合彼氏に、結婚している方は旦那様に相談してから施術する方がいいと思います。とはいっても彼氏の場合、その方と結婚するとは限らず、反応も人それぞれ。よ~く考えて決断する必要があります。

そして、年を取れば年と共に毛は薄くなりますが、その分皮膚もたるんでしまいます。脱毛していると毛がない分、小陰唇の皮膚のたるみが顕著になります。今がきれいでも年を取るとどうなるかわかりません。先のことも見据えて決断する必要があります。

ハイジニーナ脱毛はメリットもデメリットも良く調べて決断しないといけないことが分かっていただけたでしょうか?少しでもえっ!?って思った人は良く考えることをお勧めします。全部をつるつるに無毛にしなくてもV型に残す方法もあります。お手入れが楽、見た目がきれいといったメリットがありますが、デメリットも良く考慮した上で脱毛したいですね。

 

 

ハイジニーナ脱毛のメリット

このブログのタイトルでもありますハイジニーナ脱毛について書きたいと思います。ハイジニーナって言葉初めて聞いた人も多いですよね。

ハイジニーナとはアンダーヘアが全くない状態のことを言います。ハイジニーナはハイジーンという衛生的という言葉からきていてそうです。一瞬なぜ衛生的なの?って思っちゃいますよね。

ではハイジニーナの脱毛のメリットについて書きたいと思います。

小さい下着や水着を着るとどうしても横からはみ出してしまいます。脱毛するとそんなこと気にしなくてもよくなるのです。かわいい下着をつけようと思っても毛の存在が気になることがしばしば。自己処理をしてもすぐに生えてくる毛がチクチクして、下着に刺さるって経験したことないでしょうか?脱毛してしまったらそんな悩みとはおさらばです(笑)

それにデリケートな部分なので自己処理する場合、脱毛クリームなどの薬品系はなるべく使いたくないものです。それにとても見えにくい部分なので、シェーバーなどでうっかりけがをしてしまうこともあるかもしれません。

また、脱毛してしまうとデリケートな部分を常時清潔に保てます。Iラインなら経血、VラインやOラインなら排泄物からデリケートゾーンを守ることが出来ます。それに生理中のかゆみや臭いは下着の中の蒸れが原因です。脱毛することで雑菌の繁殖を防ぐことが出来るのもメリットですね。

海外では割と一般的でハイジニーナ脱毛をする人が多いと聞きましたが、日本ではどうなのでしょうか?ちなみに私の周りでハイジニーナ脱毛をしている友人はいませんが、毛の多さでIラインを脱毛したいと悩んでいる友人はいました。

私の周りでは少ないですが、脱毛の人気箇所の第5位に入るハイジニーナ。意外に人気があるのにびっくりですが、それだけ注目されているってことですね。

今回はメリットについて書きましたが、もちろんデメリットもあります。

一度永久脱毛してしまうと毛は二度と生えてきません。ちゃんとメリット、デメリットを知ってから決めないといけませんね。

次のブログではデメリットについて書きたいと思います。

 

自分に合ったお店を探そう!

さて自己処理の方法について書いてきましたが、自己処理となるとこの先もずっと続くため、手間もかかります。それにやはり剃るにしても抜くにしても肌を傷つけるは事実。
ある程度の年や結婚したらムダ毛なんて気にならないかも♪なんて甘い考えでした。今はどこのママもみんなきれいにしてて、そんな私も子供ためにきれいなママでいたいって思うようにっちゃいました。

私も2箇所の脱毛のクリニックに通いましたが、どちらも途中で通わなくなってしまいました。
なぜ通わなくなったかというと医療系のクリニックでは「痛み」が原因です。医療系のクリニックなので少ない回数で効果があるのですが、やはり一回の痛みが半端なく、腫れ上がったらパックを勧められ断りにくくて脱毛以外のお金がかかってしまったのです。次に医療系のクリニックは痛すぎると、普通の脱毛専門のお店に通ったのですが、ちょうど結婚したのもあり食生活の乱れからか肌荒れがひどくなり、処置できないと言われてしまう日々が続きました。そしてその後妊娠と出産を繰り返し、年月が過ぎてしまったのです。

その脱毛専門店を選んだのは値段の安さからでした。あまり調べず、すぐに契約してしまったこともあり、もっといろんなお店を見比べればよかったと後悔しました。

それにブログのタイトルでもあるハイジニーナの脱毛は自分では難しい部分です。
やってみたいけど、不安って気持ちの人が多いのではないでしょうか?
あそこの毛がなくなれば快適かもって思いながらも決断は難しいですよね。

ミュゼ ハイジニーナの体験談を見て事前にお店のことを知っていると少し安心できますね。
ついつい値段でいろいろと決めてしまいがちですが、体験談を読んで良い点、悪い点を良く知ってから契約をすることが重要ですね。いくら安くても通わなくなってしまったら意味がありません。自分のライフスタイルに合った無理なく通えるお店がいいですね。

こんなことをかいていると私もまた脱毛がしたくなってきました。来年には子供もプールに行く年頃。水着を着れる体づくりをしておきたいものです。

自己処理の方法②

昨日のブログでは自己処理の方法「剃る」「抜く」をかきました。一般的にはこの二つが思いつくかと思いますが、実は他にもあるんです。

まずは「毛を焼き切る」

焼き切る!?って思った人も多いはず。しかし火を使うわけではありません。電気で熱したワイヤーで焼き切る仕組みです。

ビキニ専用の「ヒートカッター」は下着や水着からはみ出した毛をつまんで焼き切ります。

体に使用する「熱線式脱毛器」もあります。本体を肌の上で滑らすことで毛を焼き切ってくれ、後で焼けた毛を払い落とす仕組みです。

焼き切る方法は焼いているので毛先が丸くなっているためチクチクしないメリットがありますが、焼くときの独特のにおいが気になります。またやけどしたなどのデメリットも多いようです。

次に「薬剤」で処理する方法があります。

脱毛剤、抑毛剤、脱色剤があります。

言葉の通り、脱毛剤は薬剤で毛を溶かし洗い流して完了です。カミソリで剃るより深く処理ができ、生えてきてもチクチクしません。

しかし毛を溶かす薬品は刺激が強く、肌の弱い方にはおすすめできません。

抑毛剤は毛の成長を抑制する薬で、毛の生えてくるスピードが遅くなり、毛を細くする効果があります。肌へのダメージも少なく、自己処理のアフターローションとして使用することが出来ます。

脱色剤は毛の黒い色素を抜いて目立たなくする方法です。毛がなくなるわけではないので毛のふさふさした感触はなくなりません。

外国人の産毛は金髪でわかりにくく目立たないからうらやましいなって思ってた人も多いと思いますが、それとは違い脱色した後に生えてくる毛は黒いので不自然な形になります。薬剤の刺激もありますし、光に反射してキラキラと不自然に光ったりするのであまりおすすめできません。

それに薬剤はその都度お金がかかってしまうのでコスト的にもあまりお勧めできるものではありません。

自己処理する場合はそれぞれのメリット、デメリットを良く知ってから自分の肌に合ったものを選ばないといけませんね。

 

自己処理の方法①

さて昨日のブログでは毛の周期について書きましたが、では自己処理する場合どんな方法があるのか調べてみました。

まずは「毛を剃る」

単純に毛を剃ると言ってもいろんな方法があるのです。

一般的に多いのがカミソリです。

カミソリは手軽に剃ることが出来ますが、実はカミソリは毛だけではなく、皮膚の表面も削ぎ取っているのです。そのため肌荒れや炎症などの肌トラブルが起こりやすいのです。また、埋もれ毛もできやすいのです。

埋もれ毛とは毛が皮膚の外に出ず皮膚の内側や毛穴の中で伸びてしまう毛のことを言います。これは深剃りした時にできやすく、出来た場合は無理に毛を出そうとせず、ほっておくのが一番です。時間はかかりますが、そのうち毛が外に出ていきます。

 

電気シェーバーもありますが、肌への負担が少なくスピーディーに出来ますが、仕上がりはカミソリより劣ってしまいます。

次に「毛抜く」です。

根元から抜いた毛は数週間生えてこず、新たに生えてきた毛も毛先は細くしなやかなのでチクチクしません。しかし、毛穴が炎症を起こしたり、毛穴が黒ずんでしまったり、埋もれ毛ができやすかったりとデメリットもとても大きいです。

方法としては毛抜きで抜く、ワックスや脱毛テープ、電動毛抜きがあります。

毛抜きで抜く場合は1本1本抜くため時間がかかります。ワックスや脱毛テープも毛の生えている方向とは逆に抜くので毛穴を痛めやすいです。また皮膚の角質を無理やり引きはがすため肌にもよくありません。

そして電気毛抜きですが、スピーディーに抜くことが可能ですが、毛の生えている方向などお構いなしに抜いていくので、炎症などの毛穴のトラブルも多いです。

私も20年くらい前に「きれいなお姉さんは好きですか?」に憧れて購入してで電動毛抜きで抜いていました。肌が弱い私ですが、スピーディーに抜ける楽しさで抜いていました。でもこれってほんと初めて抜く箇所は激痛なんですよね(笑)カミソリと違ってチクチクしないのがうれしかった記憶があります。

今はもっと高性能になっているのかもしれないですね。なんせ20年前(笑)

一度電気屋で見てみたいと思います。

 

 

毛のしくみ

さて、脱毛と言っても皆さん「毛」について知っていますか?

私も脱毛するときにクリニックで一通り説明を受けましたが今は全く覚えていません(笑)

産毛も含めると毛ってほんと生えていないところがないくらいたくさんあります。毛のメカニズムはどの部分も一緒なんです。

毛の生える周期は決まっていて、脇の下で大体2~3ヶ月の周期で休止期、成長期、後退期へと変わっていきます。

しかし部位によって周期が違うため、髪の毛の成長期は全体の80~90%で4年~6年ととても長いのです。

それに比べ脇やアンダーは30~40%となり2~3ヶ月です。脱毛のクリニックに行くと次回の予約が3ヶ月後って言われるのはそのためなんですね。

レザー脱毛などで永久脱毛の効果があるのは成長期の毛だけなのです。

ちなみに毛抜きやカミソリで処理できる毛は成長期と退行期のものとなります。

脇毛の場合、1回のエステやクリニックの施術で脱毛効果が期待できるのは約20~30%の毛のうちの成長期の毛だけなのです。そのうちの15%が成長期だったとして、年6回の施術で効果が期待できると言えます。

私が通っていた医療系のクリニックは金額が高めで、トータル5回のコースを申し込んでいました。痛いのとすぐに効果があまり見られなかったのでついつい通うことをやめてしまいました。年6回の施術で効果がみられるとは、もう少し頑張って通っておけばと後悔。

 

しかし毛根にダメージを与えてしばらく生えてこない状態になっても妊娠によるホルモンバランスなどによって稀に生えてくることがあるようです。とはいいつつ生えてくるのは数本程度なのでご安心を・・・。

出産後は永久脱毛をしておけば良かったと思うことがしばしば。カミソリで剃るっていっても赤ちゃんとお風呂に入ってそんな余裕が無かったり・・・。毛なんて生えてても構わないって思いながらもやっぱり人に見られても恥ずかしくない状態でいたいものですよね。

 

 

脱毛していますか?

夏の暑い季節がやってきましたね。夏になると露出が増え、気になるのがムダ毛。

ママ友のお肌を見るとみんなきれいなつるつるのお肌をしていて女子力の違いを感じます(笑)

41歳2児の母の友人も「今日は脱毛なの~」って言ってていくつになってもきれいでいたいってことは忘れてはいけませんね。

ちなみに私も独身時代に脇と顔の脱毛をしに医療系のクリニックに行って脱毛しました。でもほんとに痛くて、毎回顔がはれあがってサングラスして家に帰らないと恥ずかしくて街を歩けないほどでした。で、結局痛みに負けて行かなくなってしまった過去があります。

でも今更ながら、頑張って通っておけばよかったと思ってます(笑)

もし顔毛が生えてこなかったら・・・・今頃どんなに楽で化粧ノリがいいのかと想像してしまいます。

ちなみに我が家の旦那様も夜な夜なおひげを毛抜きで抜いています(笑)

カミソリで剃ってもざらざら感が気になるとか・・・

うちの旦那様は決して美を追求してる訳でも、フェアリー男子でもなく、クマのような旦那様(笑)

今は男の人でも気なる時代なんですね。

某サイトで脱毛の人気部位を見てみると1位は想像通り「脇」

納得の部位ですよね。なぜこんなところに毛が生えてくるのかって思っちゃうくらいです。そして2位はVライン。夏に水着を着る人はしておきたい部位ですよね。

3位はひざ下、4位顔と続きます。

そして5位に「ハイジニーナ」

ハイジニーナってどこ?って思った人も多いはず。私もその一人です。ハイジニーナとはV,I,Oラインのセットのことを言います。これが5位に入ってくるなんて!!ってめちゃくちゃビックリしました。でもそれだけそこを脱毛したいと思う女性が多いってことなんですよね。このハイジニーナ脱毛は海外では常識の脱毛部位なんです。

この部分を脱毛することでにおいやムレはもちろん生理時の不快感を軽減してくれるそうです。

そう聞くと確かに不快かも・・・って思った人も多いはず。

今はほとんどの人がムダ毛を処理してる時代です。

脱毛専門店でするのか、または自己処理をするのか、メリット、デメリットをよく知って選ぶのが一番ですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ